日本の古きよき風習

♦♦♦艶髪・健康・美の伝道師!♦♦♦

へあーぱれっと女髪美(めがみ)のブログ♥

11月15日は七五三。

近頃は子供用の付け毛も色んなスタイルがあり、まだ髪の毛の少ない小さなお子様でも、とってもかわいく大人化ヘアースタイルが出来て自由自在!

ヘアースタイルだけでなく、時代の流れと共に七五三の様子も変わってきたように思います。

最近変わったなぁと女髪美が思うのは、スタジオ○●○と言われる写真スタジオで写真を撮ることが目的になってるのでは?(;´д`)

そこでは七五三の衣装はもちろん、ヘアースタイル、メイクまで全てプロにお任せで、衣装替えもできて写真をパチリ!!

可愛い子供の姿を写真に収める。若いママ達も楽しんでる様子♪

それはそれでイベント的な考えもあってよいかと思いますが、少し七五三の由来を…

七五三の起源は室町時代といわれ、江戸時代の武家社会を中心に関東から全国へ広まったそうです。

当時は乳幼児の死亡率が高く、七五三のお祝いは今まで無事に成長したことへの感謝と幼児から少年・少女期への節目にこれからの将来と長寿を願う意味を持っていたようです。

そのような背景から子供の成長と幸せを願い、神様にお祈りと感謝をするお祝として普及し、明治時代に現在の形になったと言われています。

「子供の成長と幸せを願い、神様にお祈りと感謝を捧げる」ことの大切さ。

もちろん、その大切さを知って、お参りされてる親御さんもたくさんいらっしゃいますが・・・(^^;

神様に祈ることは、とても美しいことだと女髪美は思うのです!

女髪美なりにももう一度勉強しなおす意味でも、日本の文化・風習を若いママ達に伝えていくことも女髪美の使命だと思いました(*^_^*)

無病息災を願い、幸せを神様に祈り、神様に守っていただく意味での行事が、今では「普段そうしてるから当たり前」のようにされていたり、その風習にあやかって商品を売り出したりと、本来の意味を見失いがち…

また女髪美はその土地その土地の氏神様を大切にしていますが、七五三でもそういった氏神様にこだわりがなくなっていくのも寂しいことだなぁと感じます。。゚(゚´Д`゚)゚。

日本の文化はとても古く、日本の神様のことも調べれば調べるほど歴史が古いことがわかり、日本の良さ、すごさを感じます。(長くなるのでまた今度。。。)

その時その時の流行のスタイルは変われども、本来の目的は変わらないでほしい。。。

いくつになっても勉強することが次から次へとあり、ありがたいことだとしみじみ思った今年の七五三でありました★

それではまた、へあーぱれっとでお会いしましょう♥

最後のページ

Author Bio

Leave a reply