愛され続けて❤️



♦♦♦艶髪・健康・美の伝道師!♦♦♦

へあーぱれっと女髪美(めがみ)のブログ♥

朝夕、随分と涼しくなり、過ごしやすくなってまいりました。

さて、9月18日は皆さま何の日かご存知ですか???
この日は皆さまお馴染みの・・・

「カップヌードル発売記念日」\(^-^)/
1971年の9月18日に発売されたそうです

と言うのも、お店に発売記念カップヌードルが売られてたので目に留まり、女髪美も初めて食べた時のことを思い出しました。

初めて口にした時

「これは何だ!( ・∇・)」

何とも不思議な食感。

「ラーメンじゃないのね、ヌードルなのね。。。」

お箸でなくフォークで食べる不思議な体験。

46年もの歴史を経て、たくさんあるカップ麺の中で生き残り、今や不動の地位を築きあげたカップ麺の王者☆

ちょっと大げさかもしれませんが、飛行機の機内食にも選ばれるほどの信頼感、海外でも販売展開され売れ続けている人気の秘密を、女髪美的に色々と思い巡らせてみると、、、

お湯を注げばいいだけのお手軽さ、極端な味ではなく好き嫌いが少ないシンプルな味、保存しやすいコンパクトなカップのサイズ、基本の味は残しつつ、時代や好み地域に合わせたバリエーション豊富な味の展開 etc…

考えてみると美容業界で生き残るもの、
また、なくてはならないものって何だろう???

カップヌードルに思いを馳せてるうちに、今一度、振り返るきっかけとなりました。

時代に応じたスタイルや、時代が求めるもの、創り出されたもの。。。

カット、パーマ、ヘアカラーに白髪染め・・・
パーマを初めてかけた人、初めて黒髪を別の色に染めた人、きっとカップヌードルと同じように

「これは何だ!」
と当時思われたのかもしれません。
時代を経て生き残ってきたパーマやヘアカラー。

カットも同じく、結い髪を断髪したときの「これは何だ!」の連続だったかもしれません。

切る、染める、ウェーブを作る。

「これは何だ!」が普遍的なものになり、人間にとってあって当たり前のものとなっていっても、中身は変化し続け、その時代に合わせ、美容業界も時代を創ってきたんだなぁとしみじみ感じました。

技術においては同じでも、スタイルにおいて時代と共に変化し続け、美を探求し続けられることは、ある意味、『豊かな証拠』
でもあると思います。

女髪美は最近、こんな話を耳にしました。

*世の中が安定してくると、差別化したくなる。
余裕のない貧しいときは、そんな事を言ってる場合じゃなく、現状維持が精一杯になる。
人との差をつけたくなるのは『発展』の意味*
だとか。

日本においては差別化するだけでなく、質も問われるハイグレードな国⤴︎
「質の良いものを求めよう」とする市場経済の流れの中、美容師の仕事も時代と共にイノベーションしていかないと生き残れない世界だなと感じます。

少し視点は変わりますが、美容師の間では、お客様との会話は深入りすることなく、可もなく不可もなしの会話を…

が暗黙のルールとなっておりますが(美容師にもよります汗;)

最近、女髪美はそのルールを破りつつあるなと思いました。

美容室は、時代に合わせつつ、お客様に素敵なヘアスタイルを提供することはさることながら、心の繋がりを求めて来られるお客様もおられます。

ヘアスタイルで気分も変わるけれど、会話を通じて心が変わり気持ちが軽やかになることもあります。

距離感を大事にされてる方もいらっしゃいますし、誰かと何か心を通じる話しをしたいと思われてるお客様もいらっしゃいます。

そんな中、暗黙のルールを全ての方に適合させるのではなく、会話を通じて心の交流をし、「また女髪美にカットしてもらおう!」
と、思って頂くことも嬉しいことだと感じます。

これも一種の差別化かも/(^o^)!

時代と共に変化するもの、その中でも、人を理解すると言う普遍的な心。
人を理解することは愛すること❤️

カップヌードルがお客様に長い間、愛され続けてきたように、
女髪美は技術だけでなく、心の成長、自己成長し続けることで、より人の心に寄り添った、
女髪美の目指す美容師としての使命を果たせるのだなぁと感じた次第ですm(_ _)m

愛され続けるロングセラーのカップヌードル、
身近にある食材からも、学びを頂いた今日この頃でした🎶
それではまた❤️

Author Bio

Leave a reply